クリスマス・シーズンのヨーロッパ旅行へ行って来ました

2021年5月13日

ドイツ・ローテンブルク マルクト広場近くのクリスマス飾り

旅行計画 夫婦2人旅です。

クリスマスシーズンにヨーロッパ行くんだから、クリスマスマーケット巡りだよ!

そんな軽い気持ちで近くのトラベルエージェンシーでパンフを集め検討。

やめよー。こんなに毎晩クリスマスマーケットに行ったら飽きちゃう。

結局パンフのツアーはやめてネット検索。

なんだかんだで、有名所のモンサンミッシェルとノイシュバンシュタイン城行ったことないからこれらを含んでいるヨーロッパ定番旅行に落ち着いた。


今回はTrapicsのパック旅行です。

海外旅行はJTB!Web限定商品など、海外ツアー検索・予約が可能!

久々の海外旅行で、パスポートも切れ、持っていたスーツケースもぽいしちゃってたので、慌てて取得&購入です。

パスポートは10年物、また行くかも知んないしなー。

スーツケースは5000円台のリーズナブルなもの色違いを2つ通販で。

ベルトは100均。

スーツケース Lサイズ 94L大型 キャリーバッグ キャリーケース TSAロック ダブルキャスター 静音 軽量 海外旅行 夏休み トランク 長期休暇 お盆 GW 帰省 旅行鞄 旅行用品 出張 ビジネス KD-SCK

価格:4,980円
(2019/1/22 16:24時点)
感想(83件)

これなら飛行機の積み下ろしで荒く扱われて傷がついてもあまり気にしないですみます。以前持っていたものは高かったのにボコボコになってがっかりしました。

それと、以前ローマの電車でスリ被害にあった経験(6万円ほど)があるので、ちょっと考えた!

ひもが付いている財布で、そのひもをバッグの中に縛ったら取られないんでは?

ありましたよ!JTBから発売されている「SWTスキミングネックワレット」というのが。ヨーカ堂の旅行グッズ屋で二人用2個買いました。価格2千円代だったかな。

実際使ってみて安心感がかなりあります。パスポートとお金、カードが入ります。ちょっと出し入れがめんどくさいですが、満足です。首から下げる使い方もあるようです。

こんなのです。ひもが付いてます。

財布 サイフ スキミング予防対策 セキュリティネックウォレット セキュリティ 貴重品入れ 小物入れ JTB-514004

 

海外旅行はJTB!Web限定商品など、海外ツアー検索・予約が可能!

パリへ向けて出発。

国際線なんですが、羽田空港からなんです。帰りは成田。

なんか今ひとつ羽田だと国内線のイメージがありすぎて海外へ行くっていう感じがしなかった。

スーツケースは、当日電車で移動の時めんどうなので、2日前に「QLライナー」

というので空港受取にしておいた。楽すぎていいけど片道1個/2千円台かかります。往復使いました。

どうやら、行きにはわからなかったが、同じツアー参加でも、ビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミーの3クラスが混じっているようでした。

同じツアーですが飛行機の席だけ違うだけで、ほかはすべて同じなんですね。

そんなこと気づかないで予算内って言うことで予約したのでエコノミー席でしたよ。

行きのJAL機内ディスプレイを撮影。この時は日本上空、佐渡あたりかな?

パリ・シャルルドゴール空港に到着し、同じツアー参加者が集合したところ、20数名の参加のようです。ツアーバスでホテルへ向かう途中、コンコルド(超音速旅客機ね)が屋外展示してありました。
燃費と騒音がすごかったということで使用されなくなったとか以前聞いた気がします。今では展示だけなんですね。

翌日、パリツアー

凱旋門ですね。行く直前のニュースでデモがあって凱旋門に落書きされた映像を見たのでどんなのかなーと思っていたら、キレイになっていました。早っ!

門の下にフランス国旗がはためいていて、かっこよかった。バス車窓観光。
デモがなく時間があれば中から登れるらしいです。

エッフェル塔、バス車窓観光。ずっと前、新婚旅行でこの場所に5分程度バスから降りて写真タイムがあったけど、今回は、降りずに車窓から。この場所なかなかバスが止められなくて厳しくなったんですって!

次回は歩きで観光しないとダメですね!エッフェル塔も登りたいし。

それで、この日のメイン、ルーブル美術館。私達は、今回2回目となります。
ルーブル美術館の庭にあるガラスのピラミッドの中から撮影。

ルーブル入口近くの「ニケ」像。デカイので目立つ。
平日でもたくさんの人がいます。

ミロのヴィーナスね。ここにあったんですね!
人の集まりには波がありますね。このくらいの人だかりかと思っていると、あっという間にツアー軍団で埋め尽くされたりします。

ルーブル美術館の目玉「モナリザ」は、写真を撮ったのは確かなんですが、完全に何故かピンぼけ。人もたくさんいて絵画鑑賞どころではないです。「とにかくここはスリに気をつけて」との注意を受けてそのことばかり気になって、見ただけーです。
ピンぼけなのかわからないように小さくしてみました。

美術館終わって昼飯
エスカルゴ ツアーのメニューに組み込まれていたのでなんとか6個完食。
形は多少違っても、どう見てもカタツムリの殻。ここから引っ張り出して・・・はじめて食したけどもういいな。昼食はこれだけじゃなかったのでOKです。

ツアーバスってこんなの

セーヌ川 車窓から

ノートルダム 今回は車窓から。ずーと昔来た時は、ノートルダムの裏にバスを止めて内部を観光しました。今は、バスが止められないそうです。時間もない。 

海外旅行はJTB!Web限定商品など、海外ツアー検索・予約が可能!

その後、モンサンミッシェルに向けて出発。

途中、世界遺産「シャルトル大聖堂」に。デカかった。どっちかの塔は再建したそうな。それで形が違うそうです。
青系ステンドグラスこれが有名と聞きました。
天井高いですね!写真に収まらんし。

それで、モンサンミッシェル夜景 暗くてわからない。カメラのせいです。実物はもっと明るかったです。夜にモンサンまでバスで行きました。
こんなバス、無料でホテル近辺からモンサンがある島の前まで連れて行ってくれます。帰りも無料。

翌朝こんな感じ。天気がよろしくないのです。
モンサンの中から下界を撮って見ました。バスはここの直前まで来てくれます。
モンサンの塔のてっぺんにある大天使ミカエルの金ピカ像を撮ったけどちっさいなー。数メートルあるって聞いたけど。カメラのせいですね!

モンサンの中は長いので省略します。
その後オムレツを作っていたというおばさんの話とか聞いて、有名なクッキーを土産に買って(これうまかった、ほんとに。特にりんご粒が入っているやつ)

再びパリへ戻ってきました。エッフェル塔のシャンパンフラッシュ
毎時5分間だけピカピカ光ります。シャンパンフラッシュって言うらしいです。

これは普通のエッフェル夜景 シャンパンしてない時

セーヌ川ナイトクルーズ 前方に見えるのは、またまたエッフェル、クルーズ船の屋上デッキより撮影。12月なんですけど暖冬だかなんだかで、そんなに寒くない。エッフェル塔近くのセーヌ川からスタートし、ノートルダムがあるシテ島をぐるっと一周して元の場所に戻って来るコース。

翌日オプショナルツアーベルサイユ宮殿を選ばず、オルセー美術館に単独行きました。ベルサイユは昔行ったことがあるため。
オルセー美術館外観。ルーブル美術館の対岸にあります。ルーブル美術館近くの地下鉄駅で降りて徒歩で行きました。

有名な傘を持つ女性だったか?2種類並べてありました。

モネ、ルノワール、ゴッホなど有名所の絵を一通り見ました。歩くので結構疲れる。ミレーの落ち穂拾いっていう有名なものも、ここオルセーにあります。

ロダンの地獄の門、デカい! 上野の国立西洋美術館の入り口前にもあります。後から検索したら、全部で6体あるそうな。石膏原型はここオルセーにあるこれです。考える人も、門の上の方にありますね。

ながくなっちゃったので、ここで終わりにします。

ここまで見てくれてありがとうございます。

 

この後、スイスのインターラーケン、冬のグリンデルワルド、ノイシュバンシュタイン城、ローテンブルク・クリスマスマーケット、フランクフルトの順番でツアーしました。

続編はこちら

 

海外旅行はJTB!Web限定商品など、海外ツアー検索・予約が可能!

旅行

Posted by hi123